気づきにくい虫歯|不動前駅3分・五反田駅10分の歯科|不動前デンタルオフィス

歯を抜かない

極力再発しない・抜かない・削らない治療が評判

お問い合わせ・ご相談

抜歯に関するセカンドオピニオン受付中

03-6303-9356

東京都品川区西五反田3-9-14月~土曜日診療

気づきにくい虫歯

投稿日:2018年2月16日

カテゴリ:院長ブログ

右上の歯に噛んだ時に強い痛みがあり来院された患者さんです。お口の中を見ると右上は奥5本とも過去に治療されている跡があります。表面上は問題なさそうですがレントゲンを撮り歯の中の状態を見てみると症状を起こしそうな歯が何本か見受けられます。

診査で触診を行なった際、奥から2番目の歯に強い症状がありました。レントゲンで中の状態を確認すると白く写っている金属の詰め物の下が黒く写っており虫歯になっている可能性がありました。神経の部屋、根管の部分も通常は黒く写ってきますが石灰化を起こし狭窄しているようにも見受けられます。根っこの先の感染は近心の根っこは透過像にもみえ、感染している可能性はありますが明確ではありませんでした。歯髄の生死の検査では反応がなく、総合的に判断して歯髄壊死、根尖周囲組織の急性根尖性歯周炎と診断し根管治療を進めました。

2回目の来院時、治療後症状が消失したと伺い安心しました・・・が右上の歯で問題があるのはその部分だけではありませんでした。

根の治療をした歯の隣の歯が虫歯になっていることが分かるかと思います。歯の表面だけ見ただけでは虫歯があることに気づけなかったと思います。痛い、しみるなどの症状はありませんが、かなり大きく虫歯が進行していることがわかります。今回レントゲン上で黒くうつる透過像、手前の歯を処置したことでの肉眼での確認ができるようになり、症状が出る前に早期に発見ができ、なんとか歯髄を保存しての治療が可能になりました。

〇〇さん治療お疲れ様でした!

資料は全て患者さんの承諾を得て掲載しています。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る