極力痛くない虫歯治療|不動前駅3分・五反田駅10分の歯科|不動前デンタルオフィス

歯を抜かない

極力再発しない・抜かない・削らない治療が評判

お問い合わせ・ご相談

抜歯に関するセカンドオピニオン受付中

03-6303-9356

東京都品川区西五反田3-9-14月~土曜日診療

極力痛くない虫歯治療

このページの目次

削ったり抜いたりを極力抑えることで、負担と痛みを少なく

低侵襲虫歯治療

歯医者での治療に抵抗を覚えるという方は、痛みや恐怖を問題視なさっていることが多いと考えられます。しかし歯科治療における痛みというのは、すでに過去のものです。今では痛みを極力抑える治療方法が多数考案されていますので、驚くほどの少ない痛みで治療を済ませることが可能なのです。当院でも痛みを最小限にとどめる低侵襲治療を行っており、歯を削ったり抜いたりといった処置をなるべくせず、患者様の身体への負担を抑えます。

不動前デンタルオフィスならでは!8つの微痛虫歯治療

微痛治療

不動前デンタルオフィスでは、治療に際して生じる痛みを8つの工夫によって軽くしています。完全に痛みをなくすことは難しいですが、相当程度抑えることは可能です。不動前・五反田においても痛みを抑えるための設備や技術に関するクオリティには抜きん出たものがあると自負しております。

① 表面麻酔で注射の痛みを軽減

表面麻酔

歯科治療の定番ともいえる、歯ぐきへの麻酔。これは麻酔針を挿し込むわけですから、痛みが生じます。そこで当院では予め歯ぐきに麻酔液を塗ることで表面をマヒさせ、注射の痛みを感じないようにします。

② 注射針は極細のものを使用

極細の注射針

当院の用いる注射針は、現在用いられている歯科用の麻酔針の中でも最も細いといわれるほどのもの(33ゲージ)です。針が細いほど注射の際の痛みは感じられなくなります。

③ 麻酔液を温めることで温度差を解消

麻酔液

普段は保存のために冷蔵されている麻酔液ですが、そのままの状態で歯ぐきへと注入すると、温度差によって痛みが生じます。そこで当院では専用のウォーマーの使用により、人肌まで麻酔液を温めます。こうすることで刺激による痛みも和らぐのです。

④ マイクロスコープ低侵襲治療

マイクロスコープ

治療の際には歯科マイクロスコープなどを用いることで、身体への負担を低減します(低侵襲治療)。視野を拡大することで削る範囲も少なくできますし、そうすることにより痛みも少なくなります。つまり、低侵襲治療は、処置に伴う痛みも緩和出来るのです。

⑤ 歯科用ドリルも細いものを使用

極細ドリル

現在実用化されている歯科用ドリルの中で最も細いものを用いることで、丁寧に少しずつ端を削っていきます。通常のドリルと極細ドリルとを使い分けることで、より精確な治療を可能とします。天然歯をなるべく残すためにも、こうした工夫が求められるのです。

⑥ 5倍速コントラの使用

5倍速のコントラ

歯を削る際のタービン(歯科用ドリル)の音というのは、なんともいえず嫌なものだという方も多いでしょう。当院では、通常のコントラに比べて回転速度が5倍の切削機を用いることで、機械の音や振動をかなりの程度まで小さくしております。圧迫感も相当少なくなるため、患者様にも好評です。

⑦ 麻酔針の挿し方にも一工夫

麻酔針の刺し方

麻酔針をどのように挿すかによっても痛みの感じ方は変わります。歯肉への圧力が大きくなると痛みが増しますので、粘膜を針に当てるような方法で注射を行い、極力痛みを抑えるように心掛けます。

⑧ 病気にならないための予防歯科

予防歯科

虫歯や歯周病などになってしまってから病院へ駆け込むより、そもそもそれらの病気に罹らないほうがよいはずです。虫歯や歯周病を予防するために、当院では定期検診を実施しておりますので、どうぞご来院ください。

不動前デンタルオフィス6つの「歯を削らない」処置法

歯を削らない

不動前デンタルオフィスでは、歯もなるべく削らないように努めております。詰め物や被せ物による補修で済ませるのではなく、天然歯を維持するような保存治療を心掛けており、そのために以下のような方法を採っています。

① マイクロスコープによる低侵襲治療

マイクロスコープ

拡大鏡は肉眼での視野を数倍程度にまで拡大しますが、それでもよく観察できない患部に対しては、歯科マイクロスコープを用いて視野を20倍ほどにまで拡大することで、より確実で精密な治療を行うことが可能となります。

② エキスカを駆使した虫歯の除去

エキスカ

タービン(歯科用ドリル)だけで虫歯となった患部を削ろうとすると、なかなか精密にはいかず、健康な部分まで削ってしまうことがしばしばあります。そこで当院では、タービンを用いるのはある程度の部分までにとどめ、そこからはエキスカという器具を用いて繊細な除去を行います。

③ 超極細ドリルの使用

超極細ドリル

歯を削るドリルにも種類があり、太さも様々にあります。大きく削りたければ太いドリルを、精密な対処が必要な箇所には細いドリルを用いるのが基本です。当院で用いるドリルは最も細い極細のものですので、健康な歯質までを削らずに治療できます。

④ 歯科用セメント(MTA)による滅菌

歯科用セメント

虫歯が重度でなければ、虫歯となった部分に歯科用セメントを詰めることで、それに含まれる抗生物質や抗菌剤の威力により虫歯菌を不活性化させるという方法も選択可能です。あくまでも軽度の虫歯の場合に採れるやり方ですが、歯を削らずに済ませることができます。

⑤ 虫歯検知液による患部の把握

虫歯検知液

う蝕検知液という、虫歯組織のみを赤く染め上げる検知液を歯に塗布することで、患部とそれ以外の部分とをくっきり分けて把握することができます。削る際の精度を向上させるために用います。

⑥ 病気にならない予防歯科のすすめ

予防歯科

最も削らずに済ませられるのは、そもそも虫歯になっていない場合です。このときは一切削る必要がありません。そこで当院では患者様の生活をヒアリングすることで、虫歯の原因となりそうなものを掴み、歯のメンテナンスの仕方などをレクチャー致します。定期検診も実施しておりますので、ご受診をお勧めします。

症例で見る「歯をできるだけ削らない低侵襲虫歯治療」

①ご来院時のお口の写真

初期虫歯

こちらの患者様は定期検診にて当院に初めてお越しいただきました。キレイな歯並び、見た目です。痛みもないですが、長らく検診を受けていらっしゃらなかったようで、久しぶりの歯医者さんとのことでした。

②レントゲンに怪しい影が

歯の中の虫歯

念のためレントゲンを撮ってみたところ、歯の内部にあやしい影が映っていました。レントゲンで虫歯は黒い影のように写ります。改めて拡大鏡で診てみると若干歯の内部が黒っぽくなっているのがわかりました。

③歯内部に虫歯が広がっていた

ラバーダム

患者様と相談し早期虫歯治療を行うことになりました。虫歯は放っておくとどんどん拡大し、削る量が増大します。さらに神経まで達すると歯をほぼ全て削る根管治療が必要になりますので、早期治療が大切です。

④歯内部に虫歯が広がっていた

歯の内部虫歯

ラバーダム(唾液による感染予防シート)をして切削開始。ラバーダムにより再感染を防ぎます。慎重に少しずつ削っていくと、やはり歯の内部で虫歯が広がっていました。見た目にわからないので、歯科検診は重要です。

⑤極小バーで少しずつ削る

う蝕検知液

虫歯を削る時は、う蝕検知液を使いながら、虫歯の取り残しに注意しつつも、健康な歯質を削り過ぎないように、通常のドリルではなく、極小のバーを使い精密に、丁寧に行います。思ったより内部虫歯が拡大しておりました。

⑥コンポジットレジン充填修復

コンポジットレジン充填

削った部分にコンポジットレジンという歯科用プラスチックを流し込み固めて咬み合わせ調整をして治療完了です。こちら、もう少し遅ければ今回の数倍の量削って詰め物や被せ物が必要なケースでした。レジンで済んで本当によかった!

治療費 1.5万円(税別)
治療期間 1日
治療回数 1回
リスク・注意点 レジンは経年劣化で変色する場合があります。虫歯の大きさによってはレジンでは治療できず被せものになる場合もございます。

不動前デンタルオフィス6つの「歯を抜かない」処置法

歯を抜かない

インプラントや入れ歯など、たとえ抜歯しても咬み合わせを維持する方法はあります。とはいえ、やはり天然歯が機能性や身体との親和性という点においてもっとも優れていますので、なるべく歯を抜かずにおくに越したことはありません。そのため非抜歯、あるいは再生治療をご提案しております。

① マイクロペリオに対応

マイクロペリオ

視野を肉眼で見た場合の20倍にまで広げ、歯周ポケット内に付着している歯石の除去を丁寧かつ確実に行うことで、進行した歯周病がこれ以上重くならないように食い止めます。重度の歯周病は抜歯の原因として最も大きいものですから、肉眼のみに頼らず確実な歯石の除去を行うのです。マイクロペリオについて詳しくはこちら>>

② マイクロスコープ精密根管治療

精密根管治療

重度にまで進行した虫歯では、歯の神経部分にまで虫歯の菌が入り込み、神経が通る部分である根管の治療を要します。しかしこの根管治療は、保険診療の範囲で行うと再発率がなんと80%を超えるといわれています。そこで当院では歯科マイクロスコープを使用した丁寧な治療を施すことで再発を抑え、抜歯となる危険性を最小限にします。

③ 根管治療時の感染症を徹底的に防止

歯根端切除術

根管治療の時には、いかに根幹部分を確実に滅菌するかが非常に重要です。当院では歯科マイクロスコープやラバーダム、レーザーといった機器を駆使することで、歯根端切除術を行い、今までの治療精度であれば抜歯せざるを得ないような歯も抜かずに保存します。

④ 歯根端切除術や再植術に対応

歯根端切除術

歯の根元部分が折れたり膿んだりしてしまっている場合、歯科医院によっては抜歯という判断を下すところもあります。ですが、当院では違います。たとえば歯根の一部だけを切除する「歯根端切除術」や一度抜いた歯を歯科ボンドやセメントなどで接着して再植する「再植術」を施すことで、可能な限り抜歯を回避します。

⑤ メチレンブルーによる歯根破折確認

歯根破折

歯根にヒビなどの欠損が起こっていても肉眼では発見できないことがほとんどです。しかし、発見困難なレベルの微細なヒビでも根管治療は細菌との闘いですから、十分に根管治療失敗の原因となりえ、根管治療が失敗すると抜歯のリスクが高まります。そこで当院ではメチレンブルーとう破折部分を染め出す染色液を使い、歯根破折を見逃しません。

⑥ 自家歯牙移植で咬み合わせを復活

自家歯牙移植

不動前デンタルオフィスでは、インプラントや入れ歯、ブリッジなどの人工物による方法だけではなく親知らずなどの天然歯の移植を、歯が欠けた部分の穴埋めの方法としてご提案しております。やはり人工物よりも天然歯のほうが口腔内に馴染みますので、可能であればこの自家歯牙移植をお勧めします。

不動前・五反田において虫歯などの治療をご希望の方へ

虫歯などの治療

不動前デンタルオフィスでは虫歯治療や歯周病治療などにおいて、可能な限り痛みを排した処置を行っております。また歯を削ったり抜いたりするのも極力避け、保存治療に心掛けております。身体への負担の少ない治療をお求めの場合は、ぜひ一度不動前駅近くの不動前デンタルオフィスにお越しください。

トップへ戻る