根管治療後の被せ物|不動前駅3分・五反田駅10分の歯科|不動前デンタルオフィス

歯を抜かない

極力再発しない・抜かない・削らない治療が評判

お問い合わせ・ご相談

抜歯に関するセカンドオピニオン受付中

03-6303-9356

東京都品川区西五反田3-9-14月~土曜日診療

根管治療後の被せ物

投稿日:2017年12月20日

カテゴリ:院長ブログ

以前紹介した根管治療の患者さんの治療の続きです。

根管治療とは感染した根っこを消毒したり汚染された歯質を取り除いたりすることです。

根の中が綺麗になったら、ガッタパーチャというゴムの素材(ピンク色の部分)で根管をうめていきます。

根管をガッタパーチャでうめたらその上に土台をたてて被せ物をします。神経を失った歯の予後は無菌的に近い状況での根管治療が左右しますが、それと同様に土台、被せ物が重要だと言われています。きちんと残った根を土台、被せ物で覆うことで細菌の侵入を防止します。部分的な詰め物だったり隙間ができてしまうと微小漏洩(マイクロリーケージ)が起こり再感染を起こします。

〇〇さん治療お疲れ様でした!

 

これらの写真は全て、患者さんの了承を得て掲載しています。

トップへ戻る