歯が変色する原因と治療法とは?|不動前の歯医者

新型コロナ感染予防対策について

歯を抜かない

極力再発しない・抜かない・削らない歯科治療

お問い合わせ・ご相談

抜歯に関するセカンドオピニオン受付中

03-6303-9356

東京都品川区西五反田3-9-14

歯が変色する原因と治療法とは?

投稿日:2024年2月7日

カテゴリ:スタッフブログ

歯が変色する原因と治療法について

歯が黒ずむ・変色する原因と対処法

不動前駅すぐの歯医者「不動前デンタルオフィス」の歯科衛生士です。

歯磨きの際などに歯の黒ずみや変色が気になっている方は多いのではないでしょうか。特に1本だけが変色している場合は、周囲の歯との色の違いが分かりやすいため、目立ってしまいます。ただの着色だけなら特に問題はありませんが、歯の変色の原因によっては見た目だけでなく、トラブルを起こす可能性もあるため、注意が必要です。

今回のブログでは、歯が黒ずんだり、変色したりする原因や治療法についてお話ししたいと思います。

歯が黒ずむ・変色する原因について

歯が黒ずんだり、変色したりする場合は下記のようなことが原因として考えられます。

根管治療で歯の神経を取り除いている

歯の神経にまで虫歯が進行すると、炎症を起こすため、何もしない状態でズキズキと歯が痛みます。そのような状態になると、症状を改善するために根管治療を行い、歯の神経を取り除く必要があります。歯の神経取りを除くと歯に栄養が供給されなくなるため、代謝が行われなくなり、血液成分や古いコラーゲンが歯の内部に沈着して黒ずんだり、変色してしまいます。

歯の神経が壊死している

転倒や衝突などで歯に大きな負担がかかった場合は、その刺激によって神経が炎症を起こし、やがて壊死してしまいます。歯に大きな負担がかかった場合は、歯の内部で出血が起こり、その血液が象牙細管に入り込んでしまうため、歯が黒っぽく変色することがあります。

歯並びが悪い・歯が1本だけ引っ込んでいる

歯並びが悪い場合や歯が1本だけ引っ込んでいるような場合は、歯ブラシの毛先が当たりづらくなるため、日々の食事による着色がきちんと取り除けなくなり、歯が黒ずんだり、黄ばんだりすることがあります。

歯の黒ずみや変色を改善する治療法について

歯のクリーニング(PMTC)

食事による着色や日々の生活習慣などで歯が黒ずんでいたり、黄ばんだりしている場合は歯のクリーニングがおすすめです。専用の器具を使用して歯面を磨き上げることで、コーヒーや茶しぶ、ステイン、煙草のヤニを取り除くことができます。

ホワイトニング(ウォーキングブリーチ)

歯の黄ばみが気になる場合は、ホワイトニングで漂白することによって本来の白さを取り戻すことができます。また、神経のない歯や神経の死んだ歯の黒ずみや変色については、通常のホワイトニングでは効果がありません。歯の内側に薬剤を注入して漂白するウォーキングブリーチを行うことによって、歯を白くすることができます。

ラミネートベニア

ラミネートベニアは、前歯の形状や色調を改善するための審美治療です。形や色が気になる歯の表面を僅かに削り、そこへ板状のセラミックを貼り付けることによって歯の見た目を改善することができます。

セラミッククラウン

虫歯治療などで歯の大部分が欠損している場合は、セラミックなどの白い素材のかぶせ物を装着することによって、気になる歯の黒ずみや変色を改善することができます。

トップへ戻る