虫歯で歯が痛い時の応急処置と注意点とは?|不動前の歯医者

新型コロナ感染予防対策について

歯を抜かない

極力再発しない・抜かない・削らない歯科治療

お問い合わせ・ご相談

抜歯に関するセカンドオピニオン受付中

03-6303-9356

東京都品川区西五反田3-9-14

虫歯で歯が痛い時の応急処置と注意点とは?

投稿日:2024年2月14日

カテゴリ:スタッフブログ

虫歯で歯が痛い時の応急処置と注意点について

虫歯で歯が痛い時の応急処置と注意点

不動前駅すぐの歯医者「不動前デンタルオフィス」の歯科衛生士です。

虫歯が進行すると、何もしない状態で歯がズキズキと痛みを感じる場合があります。そのような場合はできるだけ早めに歯科医院で検査、治療を受けることが大切ですが、夜中やお仕事の関係ですぐに歯科医院へ行けないという状況もあると思います。

今回のブログでは、虫歯で歯が急に痛みだした場合の応急処置とNG行為などについてお話したいと思います。

虫歯で歯が急に痛み出した時の応急処置について

患部を冷やす

虫歯が急に痛み出した場合は、血流が良くなり、神経を圧迫している可能性が高いです。そのような場合は患部の血流を抑えることで痛みを緩和できる場合があります。しかし、急激に冷やすとかえって痛みが強くなることがあるため、濡れたタオルや冷却シートを患部に当てて冷やすようにしましょう。

お口の中を清潔にする

食後などに歯が痛み出した場合は、歯間や歯と歯茎の間などに挟まった食べかすなどの刺激によって痛みが生じている可能性があります。また、お口の中の細菌数が増えることによって痛みが強くなることもあるため、歯磨きや洗口液でゆすいでお口の中を清潔にしましょう。歯茎に炎症が起こっている場合もあるため、歯磨きは優しく丁寧に行いましょう。

塩水でうがいする

お口の中に細菌が増えると、歯が痛み出すことがあります。洗口液がない場合や歯磨きできるような状況でなければ、塩水でうがいをしましょう。塩水には細菌を減少させる効果があるため、痛みを緩和できることがあります。また、歯茎が痛い場合はイソジンでのうがいも効果が期待できます。

痛み止めのお薬を飲む

我慢できない程痛みが強い場合は市販の痛み止めのお薬を飲みましょう。お仕事中や夜中などですぐに歯科医院へ行けないような場合におすすめです。しかし、痛み止めのお薬で痛みが緩和されるのはあくまでも一時的なもので、症状が改善されたわけではないため、できるだけ早めに治療を受けましょう。

虫歯が痛い時のNG行為について

アルコールを摂取する(飲酒)

歯が痛い時にアルコールを摂取すると、神経が麻痺するため、一時的に痛みが緩和したように感じます。しかし、同時に血流も良くなり、さらに痛みが強くなる可能性があるため、歯が痛い時はお酒を控えましょう。

タバコを吸う(喫煙)

タバコには有害な物質が多く含まれており、その中には歯を刺激する成分も含まれているため、痛みがさらに強くなる可能性があります。また、虫歯や歯周病のリスクを高めたり、症状を悪化させたりするため、歯が痛む時はもちろん、禁煙や減煙を心がけましょう。

激しい運動・長時間の入浴

血流が良くなると、歯の痛みがさらに強くなる可能性が高いです。そのため、歯が痛い場合は血流が良くなるような激しい運動や長時間の入浴は控えましょう。

患部に刺激を加える

歯が痛い場合はできるだけ患部に刺激を加えないようにしましょう。気になるからといって手や舌で触ったりすると、痛みが強くなる可能性があります。また、辛い食べ物なども歯や歯茎に刺激を与えるため、歯が痛い時は香辛料なども極力控えるようにしましょう。

虫歯治療ぺージ>>

トップへ戻る