インプラント治療後の食事に関する注意点とは?|不動前の歯医者

新型コロナ感染予防対策について

歯を抜かない

極力再発しない・抜かない・削らない歯科治療

お問い合わせ・ご相談

抜歯に関するセカンドオピニオン受付中

03-6303-9356

東京都品川区西五反田3-9-14

インプラント治療後の食事に関する注意点とは?

投稿日:2023年9月11日

カテゴリ:スタッフブログ

インプラント治療後の食事に関する注意点について

高齢者がインプラントを受ける際のメリット・デメリット

不動前駅すぐの歯医者「不動前デンタルオフィス」の歯科衛生士です。

近年ではインプラント治療も広く認知され、多くの方が歯を失った際の選択肢の一つとして考えられています。インプラントは外科処置を行うため、患部の傷が治癒するまではできるだけ負担をかけないことが重要となり、食事についても気を使う必要があります。

今回のブログでは、インプラント手術後の食事に関する注意点についてお話したいと思います。

インプラントの手術後に控えるべき食事について

インプラント手術後は患部に負担がかからないよう、下記のような食事は控えましょう。

極端に温度の高い・低い飲食物

インプラント手術直後しばらくの間は麻酔によってお口の中の感覚が麻痺していますので、火傷などをしないよう熱い食べ物・飲み物は控えましょう。また、患部が治癒するまでの間についても傷口が刺激され、痛みや出血が起こる可能性があるため、極端に温度の高い・低い食事は注意しましょう。

刺激の強いもの(辛いものなど)

辛いものや酸っぱいものなどの刺激が強い食事は傷口が刺激され、痛みや腫れが生じたり、しみたりする可能性があるため、できるだけ控えましょう。

硬いもの

フランスパンやせんべい、ナッツ類などの硬い食べ物は、噛む際に傷口に負担がかかり、傷口が損傷する可能性が高くなります。傷が開いて再び出血したり、痛みや腫れを引き起こすリスクがあるため、傷口が治癒するまではできるだけ控えるようにしましょう。

お酒(アルコール)

お酒(アルコール)を摂取すると、血流が良くなります。血流が良くなると、傷口から出血する可能性が高くなるだけでなく、痛みや腫れなどの症状を伴う場合があります。インプラント手術後から約1週間はお酒(アルコール)を摂取しないようにしましょう。

インプラント手術後の食事で注意すること

インプラントページ>>

不動前でインプラント治療なら不動前デンタルオフィスまでお気軽にご相談ください。

トップへ戻る